社長インターンシップを実施しました【宮地電機株式会社】

 > ホーム > 社長インターンシップを実施しました【宮地電機株式会社】


当日の様子


7月13日(金)社長インターンシップを実施しました。
社長インターンシップとは、県内で活躍する中小企業経営者に密着同行するインターンシッププログラムです。地方創生推進士育成科目の第4フェーズ「地域を“体験する”」に位置付けられた準正課科目として実施しています。

今回は、高知大学人文社会科学部の武江さんが、宮地電機株式会社の代表取締役社長である宮地貴嗣さんの業務に密着同行しました。宮地電機株式会社では、入社志望の学生と宮地社長の双方がより互いを知るためのフリートーク会を実施しています。そのフリートーク会に武江さんが参加させていただき、会話を通して宮地社長の人柄に触れました。最初は緊張していた表情でしたが、宮地社長のフランクなトークから次第に笑みがこぼれ、自ら質問を投げかける様子も伺えました。約1時間ほどのフリートーク会を終え、最後に宮地社長と本日の振り返りを行い、2日目を終了しました。

この日の社長インターンシップ2日目を終えた武江さんからは、「宮地社長の場を和ませるような話しかけ方や、真摯に一人一人の話を聞き応えていく姿勢が特に印象に残っている。今回のインターンシップが終わるまでにこれらのスキルを吸収していき、人が何を求めているのか考え行動できる人間になりたい」と感想をもらいました。


当日の様子 当日の様子 当日の様子