UBCインターンシップ

 > ホーム > UBCインターンシップ


UBCインターンシップの概要

高知大学には、高知県の多種多様な課題と直に向き合い、地域ニーズと大学シーズを結び解決に向けて取り組む「UBC(高知大学地域コーディネーター:University Block Coordinator)」と呼ばれる4名の教員がいます。UBCインターンシップは、地域の課題解決に向けて大学・地域・自治体等の関係機関を“コーディネート”するUBCの活動を体験するプログラムです。

現在UBCが向き合っている地域課題に基づき、「クラウドファンディングの運営サポート」「地域資源を活用した教育プログラムの開発」「観光振興支援」「食品工業や農業ビジネスの事業企画」等のテーマを設定しました。このテーマにUBCとともに取り組んでいただきます。

本プログラムは、地域の深い実情に直接触れ、課題の認識と解決のための方策を考えることで、地域に定着して貢献することの意義を自分事として捉えることを目的としているもので、地域コーディネーターの視点から実体験を通じて学べるプログラムとなっています。

UBCインターンシップは地方創生推進士育成科目(4th preparation phase準正課)に位置づけられています。30時間の実習で、地方創生推進士修了要件上の1科目2単位分の修得とみなします。


UBCインターンシップ チラシ

平成29年度受講生募集について

○プログラム内容

1.履修内容

  別紙 UBCインターンシップ募集要項によります。

  このほか、集落活動センターで地域を体験するUBCインターンシップもあります。

  実習時間は3時間×10回(1日で複数回も可能)

 

2.募集定員

  若干名

 

3.受講条件

  高知大学、高知県立大学、高知工科大学、高知工業高等専門学校、高知学園短期大学に在籍している学部学生。

  

4.応募について

  随時応募で、その際にUBC教員と参加日程を調整します。

  早めの応募を歓迎します。

 

○経費負担

  受講料は無料です。

  ただし、現地までの交通費や宿泊費といった必要な経費は自己負担になります。

 

○応募方法

1.応募書類

  ・準正課「UBCインターンシップ」受講願(別紙様式)

  ・誓約書(別紙様式)

 

2.書類提出先

   高知大学コラボレーション・サポート・パーク (コラパ〜)に

   応募書類をメールまたは持参にてご提出ください。

   メール送信後3営業日内に返信がない場合は、電話連絡をお願いします。

 

3.応募締切

  随時応募を受け付けていますが、各テーマとも定員に達し次第受付を終了しますので、

  早めにご応募ください。

 

その他詳細は、募集要項をご確認ください。

UBCインターンシップ 募集要項(Word:34KB)

UBCインターンシップ 受講願(Word:25KB)

UBCインターンシップ 誓約書(Word:27KB)