まち・ひと・しごと創生 高知イノベーションシステムの概要

 > ホーム > まち・ひと・しごと創生 高知イノベーションシステムの概要


 「まち・ひと・しごと創生 高知イノベーションシステム」は、平成27年度文部科学省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」(COC+)※として、高知大学が代表校となり、事業協働機関として参加大学(高知県立大学、高知工科大学、高知工業高等専門学校)、参加自治体(高知県)、参加企業等(土佐経済同友会、高知県中小企業家同友会、高知県工業会、高知県経営者協会)、協力大学(高知学園短期大学)が連携して取り組む地方創生事業です。
 事業の内容は大きく二つの柱から成り立ち、その一つ目は高知県内の高等教育機関(高知大学、高知県立大学、高知工科大学、高知工業高等専門学校)の県内就職率を向上させる取り組み。二つ目は県内企業の雇用創出力と採用意欲の向上への取り組みです。

 

 中小零細企業が大多数を占める高知県では、学生は県内企業の事業内容や独自技術に対する知識が無く、教育機会も少ないです。また、産業基盤が脆弱で有効求人倍率が低く、学生の就職先は県外が中心です。この動きに歯止めをかけるべく、学生が地域を“ 知り”、地域と“ 会い”、仕事を“体験し”、“ 協働する”一連の教育プログラムを創出し、地域に対する深い理解と愛情を持った学生「地方創生推進士」を育成します。さらに、企業の人材育成と産学官連携を促進するプログラムを構築することで雇用創出力と採用意欲を高めて、県全体の産業振興にも貢献します。両プログラムを連動させることで、学生に優れた社会教育機会を提供するとともに、「地方創生推進士」の県内企業との適切なマッチングを図ります。


 本事業を県内全ての大学等が結集して実行することで、「しごと」を創り、「ひと」を育て、「まち」の持続的発展を担保する、高知型のソーシャルイノベーションが創出されます。


※「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」(COC+)
文部科学省が平成27年度から実施。大学が地方公共団体や企業等と協働して、学生にとって魅力ある就職先の創出をするとともに、その地域が求める人材を養成するために必要な教育カリキュラムの改革を断行する大学の取組を支援することで、地方創生の中心となる「ひと」の地方への集積を目的としている。


「まち・ひと・しごと創生 高知イノベーションシステム」の愛称:TSi

高知県内全ての大学等が結集して、「しごと」を創り、「ひと」を育て、「まち」の持続的発展を担っていくことが求められています。高知型のソーシャルイノベーションが創出される仕組みを全国に先駆けた課題解決先進県であるここ高知から創り出すという意味、そして地方創生が叫ばれる中、「ここで暮らして本当に良かった」と誰もが満足するようなまちづくりを目指すことを意識して、「まち・ひと・しごと創生 高知イノベーションシステム」の愛称を「TSi」と名付けました。

TSiは、「ToSa」と「Town Satisfaction」を表す「TS」、「innovation」、「innovative」、「innovator」、「愛」を表す「i」を組み合わせています。

概要図