ご挨拶

 > ホーム > ご挨拶


櫻井 克年

文部科学省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」(COC+)に採択されました「まち・ひと・しごと創生 高知イノベーションシステム」が平成27年度からスタートしました。
本事業は、高知の産学官の協働の下、県内就職希望者数の増加や企業の雇用創出と採用意欲の向上を目指す一大事業です。

大きく2つの柱から成り立ち、その一つ目として高知県内の高等教育機関(高知大学、高知県立大学、高知工科大学、高知工業高等専門学校)から高知県内への就職率を向上させる取り組みです。
このために、新たな独自認証である「地方創生推進士」育成プログラムを創設し、県内への就職を希望する学生への称号付与に取り組みます。本学においては、これまで取り組んできたCOC事業で構築してきた「地域志向」の教育カリキュラム改革などを生かし、その上で「地域を“知る”、“もっと知る”」、「地域と“会う”」、「地域を“体験する”」、「地域と“協働する”」地方創生推進士育成科目を学び、高知をこよなく愛し高知に就職を希望する学生に、一定の審査の下「地方創生推進士」の称号を付与します。本プログラムを県内の高等教育機関が連携して実施することで、オール高知による目標の達成を目指しています。
二つ目の柱は、県内企業の雇用創出力と採用意欲の向上への取り組みとして、大学の研究ポテンシャルを最大限発揮して県内重要課題の解決に資する研究の実施と、それによる新事業展開やニーズ開拓等による雇用の創出に資する取り組みを行います。さらに、これまでにも高評価をいただいている食品産業人材育成事業において、国家戦略プロフェッショナル検定である「食の6次産業化プロデューサー」のLEVEL1〜3の研修機関認定及び海外販路開拓支援を加え、一層充実した人材育成事業とします。さらに新たな取り組みとして起業支援や観光人材育成事業などにも取り組みます。
本事業を効果的に遂行するために、「大学連携まち・ひと・しごと創生推進本部」を新設しました。この本部会議では、高知県内の高等教育機関、高知県及び高知県内産業団体との間の情報共有を図りつつ、高知県における地域ニーズ及び地域課題を把握し、教育プログラム等の改善を図るべく重要課題を協議します。
 
本事業の運営を実質的に総括する事業実施担当者としては、本事業が地方創生への取り組みとして高等教育機関の重要な役割と認識しており、即ちこのことは、地域の大学を標榜する本学の今後の命運を左右する重要なものと認識しています。
皆様の温かいご支援、ご協力をお願いいたします。

国立大学法人 高知大学
理事(総務・国際担当)
まち・ひと・しごと創生 高知イノベーションシステム
事業責任者
櫻井 克年